離婚問題

離婚後の子どもの戸籍、氏(苗字)について

両親が離婚しても、原則として子どもの戸籍は離婚前の夫婦の戸籍に留まります。
氏(苗字)も離婚前のままです。
これは、離婚後の親権者と関係なく、です。

結婚する際に夫または妻の氏に変えた方(Aさんとします。)は、離婚すると、結婚前の戸籍に戻るか新しい戸籍を作ることになります。
Aさんが子どもの親権者で、子どもを自分と同じ氏(苗字)にして、自分の戸籍に入れたい場合は、子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に子の氏の変更許可の審判申立をします。
そして、家庭裁判所の許可審判書と子どもの入籍届を市区町村役場に提出します。

ところで、Aさんは、離婚すると原則として旧姓に戻りますが、離婚後3ヶ月以内又は離婚届と同時に「離婚の際に称していた氏を称する届」を出すと、離婚前の氏(苗字)のままとなります。
この場合、一見すると子どもとAさんは同じ氏(苗字)のようですが、戸籍上は違います。
子どもは離婚前の戸籍上の氏なので、やはり子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に子の氏の変更許可の審判申立をして、Aさんの戸籍上の氏に変更する必要があります。

なお、子どもが15歳以上になれば、子どもが自分で氏の変更許可の審判を申立てることができます。
また、子どもが成年になったときには、1年以内に市区町村役場に届け出れば、元の氏(苗字)に戻すこともできます

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分