遺言・相続

相続人がいない?そんなときは相続財産管理人!

相続人がいないって、どういうこと?

亡くなった方に相続人がいない、ということがあります。
それは、身寄りがなく、法定相続人がいない場合と、法定相続人が全員相続放棄した場合です。

法定相続人になれるのは、配偶者(夫や妻)、子どもや孫、親や祖父母、兄弟姉妹や甥姪などなので、ずっと独身で、既に両親・祖父母が亡くなっていて、一人っ子の方が亡くなった場合、法定相続人がいないことになります。
ずっと独身の方や一人っ子の方が多くなってきたので、法定相続人がいないことも増えてくるかもしれません。

また、亡くなった方の遺産が、預金や不動産などのプラスの財産よりも、借金などのマイナスの財産が多い場合、法定相続人の方が全員相続放棄をすることがあります。
すると、亡くなった方の遺産を相続する相続人がいない、ということになります。

相続人がいないと、何が問題?

相続人がいないと、亡くなった方の財産がそのままになってしまいます。

例えば、亡くなった方が不動産を持っていた場合、不動産の管理がなされず、荒れ放題になる可能性がありますし、管理費や固定資産税などの費用が支払われないままになってしまいます。

また、法定相続人ではないけれど、亡くなった方のお世話をしてきた方や、成年後見人など亡くなった方の財産を管理していた方は、預かっていた財産をどうしたらいいのか困ってしまいます。

さらに、亡くなった方にお金を貸していた方や、遺言によって財産をもらうことになっている方は、誰に請求したらいいのかわからなくなってしまいます。

このような問題がおこるため、「相続財産管理人」という制度があります。

続きを読む 相続人がいない?そんなときは相続財産管理人!

相続手続きのために死亡から出生まで戸籍をさかのぼる方法

はじめに

前回のコラムでは、戸籍のことや、戸籍を請求する方法をみていきました。
今回は、相続手続きのために、亡くなった方の現在の戸籍から出生当時の戸籍までさかのぼる方法と、相続人の方の現在戸籍から亡くなった方の戸籍までたどる方法をみていきたいと思います。

続きを読む 相続手続きのために死亡から出生まで戸籍をさかのぼる方法

相続手続きで必要な戸籍を集める方法

はじめに

身近な方が亡くなって、相続が発生した場合、まず相続人が誰になるのかを確かめる必要があります。
そのためには、亡くなった方が生まれてから亡くなるまでの戸籍を集める必要があります。(相続人の確認のほかに、銀行での相続手続きや不動産の相続登記手続きなどでも戸籍が必要です。)

今回のコラムでは、戸籍のことや戸籍を集める方法についてみていきたいと思います。連続した戸籍を集める方法は、次回コラムでみていきます。
(誰が法定相続人になるのかについては、相続人とその法定相続分についてをご覧ください。)

続きを読む 相続手続きで必要な戸籍を集める方法

遺言書の探し方と見つけたとき

はじめに

身近な方が亡くなってからやらなければいけないことの一つが、遺言書があるかどうかの確認です。
原則として、遺言書がある場合には、遺言書に従って相続されます。

そのため、遺言書がなかったときに適用される法定相続とは異なり、亡くなった方の意思で「遺贈」「相続分」「遺産分割の方法」「遺言執行者」などを決めることができます。
そして、遺言は、遺留分の決まりに反しない限り、遺言者が亡くなったときから効力を持つようになります。
(遺言書の種類については「遺言書の作り方」、遺言書でできることについては「生前対策をお考えの方」、遺留分については「遺留分って何?」をご覧ください。)

ただし、遺言書があったとしても、相続人全員が遺産分割協議を行い、合意した内容ならば、亡くなった方の意思とは異なる分割の方法をとることも可能です。

では、遺言書を探すには、どのようにしたらよいのでしょうか。
また、遺言書を見つけたときは、どのようにしたらよいのでしょうか。

続きを読む 遺言書の探し方と見つけたとき

遺言・相続コラム

19/04/09
相続人【応用編】~相続放棄・代襲相続~
19/03/26
相続人がいない?そんなときは相続財産管理人!
19/02/21
相続手続きのために死亡から出生まで戸籍をさかのぼる方法
19/01/23
相続手続きで必要な戸籍を集める方法
19/01/09
遺言書の探し方と見つけたとき

一覧へ

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分

SSL グローバルサインのサイトシール