遺言・相続

相続人とその法定相続分について

「相続は、死亡によって開始する。」と民法に定められています。 そして、相続人は、相続が開始すると、亡くなった方の財産に関する一切の権利・義務を原則として受け継ぐことになります。 では、誰が相続人になるのでしょうか? まず、配偶者(夫又は妻)です。 そして、子がいる場合は子です。もし、相続開始時に子が亡くなっていた場合や相続権を失った場合は、子の子、つまり亡くなった方の孫が相続人(代襲相続人といいます。)になります。 子の代襲相続は、直系に限り、孫、ひ孫、やしゃごと代襲されます。 もし、子(又は子の代襲相続人)がいないときには、亡くなった方の父母(父母が亡くなっている場合は祖父母)が相続人になります。 父母、祖父母もいない場合には、亡くなった方の兄弟姉妹が相続人になります。 兄弟姉妹も代襲相続しますが、亡くなった方の甥、姪までです。 ※相続放棄があった場合や代襲相続など、応用編は「相続人【応用編】~相続放棄・代襲相続~」をご覧ください。 相続人が数人いるときは、相続財産は共有になります。 そして、共同相続人は、その相続分に応じて、亡くなった方の権利・義務を受け継ぎます。 法定相続分は、相続人が誰かによって変わります。 (以下は、昭和56年以降の相続についてです。)  

● 相続人が配偶者(夫又は妻)と子の場合・・・各2分の1

(例)相続人が妻、長女、前妻との間の子の場合、妻が2分の1、子2人が2分の1を等分に相続するため、それぞれ4分の1 相続人が配偶者(夫又は妻)と子の場合  

● 相続人が配偶者(夫又は妻)と父母(祖父母)の場合・・・配偶者3分の2、父母(祖父母)3分の1

(例)相続人が妻、父、母の場合、妻が3分の2、父母が3分の1を等分に相続するため、それぞれ6分の1 相続人が配偶者(夫又は妻)と父母(祖父母)の場合  

● 相続人が配偶者(夫又は妻)と兄弟姉妹の場合・・・配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1

(例)相続人が妻、兄、妹の場合、妻が4分の3、兄妹が4分の1を等分に相続するため、それぞれ8分の1 相続人が配偶者(夫又は妻)と兄弟姉妹の場合  

ただし、父母の一方のみ同じ兄弟姉妹は、父母の双方が同じ兄弟姉妹の2分の1

(例)相続人が妻、父母が同じ姉、父だけ同じ弟、母だけ同じ妹の場合、妻が4分の3、姉弟妹が4分の1を2:1:1の割合で相続するため、姉が8分の1、弟と妹がそれぞれ16分の1 父母の一方のみ同じ兄弟姉妹   相続、遺産分割についてわからないことや心配なことがありましたら、弁護士に相談されることをおすすめいたします。

相続の基礎知識

相続・遺言コラム

21/04/02
約40年ぶりの相続法改正!改正法の内容を徹底解説(第4回)~遺留分制度、特別寄与料、持戻し免除の意思表示の推定規定について~
21/04/02
約40年ぶりの相続法改正!改正法の内容を徹底解説(第3回)~遺産分割制度、相続の効力等について~
21/04/02
約40年ぶりの相続法改正!改正法の内容を徹底解説(第2回)~自筆証書遺言制度、配偶者居住権制度について~
21/04/02
約40年ぶりの相続法改正!改正法の内容を徹底解説(第1回)~改正の背景について~
20/01/28
単純承認及び限定承認

一覧へ

ご相談の流れ

一般的なご相談の流れをご紹介いたします。

ページ詳細

弁護士費用

各手続きの費用などをご説明いたします。

ページ詳細

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

牧野法律事務所 アクセスマップ 大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分
新京成線新津田沼駅から徒歩5分
JR船橋駅よりJR総武線6分(快速3分)

Tel.047-472-4530 [相談受付] 平日 9:30~17:30 ご相談・お問い合わせ