その他

もしも、裁判所から郵便物が届いたら

突然、裁判所から郵便物が届いたら・・・驚きますね。新手の詐欺?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。実際、裁判所からの郵便物を装ってお金をだまし取ろうとする詐欺がありますので、注意が必要です。
(詳しくは、「訴訟最終確認通知??あやしい郵便物に注意!!」をご覧下さい。)

しかし、よくわからない、身に覚えが無いからといって、そのまま放置しておくのは危険です。重大な不利益をこうむることになるかもしれません。

詐欺かどうかは、その郵便物を差し出した裁判所に問い合わせて、内容の真偽を確認しましょう。その際、郵便物記載の電話番号ではなく別途調べた電話番号に電話するか、又は裁判所窓口に直接行って確認しましょう。

次に、裁判所から届く郵便物について、具体的に述べていきます。

【支払督促】

裁判所から届いた書類が支払督促だった場合、受領後2週間以内に異議申立書を裁判所に提出しないと、それが架空請求であっても、支払督促に仮執行宣言が付いて、強制執行(財産の差押)をされる可能性があります。

支払督促は、お金の支払いを督促したい人(債権者)が、申立書に収入印紙を貼って裁判所に提出すると、お金を借りた人(債務者)に裁判所から支払督促が郵送され、それを受領してから2週間以内に異議申し立てをしないと、請求が正当かどうかの審理がされないまま、支払督促に仮執行宣言が付いて、強制執行(財産の差押)の申し立てができるようになる手続きです。

支払督促の異議申立てをすると、訴訟手続きに移ります。また、仮執行宣言付の支払督促を受け取ってから2週間以内に異議申し立てをしても訴訟手続きに移りますが、債権者は仮執行宣言付支払督促で強制執行の申立てができます。

ですから、支払督促を受け取ったら、2週間以内に異議の申し立てをするのがいいでしょう。

 

【訴状】

裁判所から届いた書類が訴状だった場合、指定された日までに自分の意見を書いた答弁書を裁判所に提出しない、または裁判の日にも出頭しないと、訴状の内容を全て認めたとみなされてしまいます。

指定された日までに提出が難しいときは、裁判所に連絡して、締め切りを延ばしてもらいましょう。

もし、訴状を無視し、答弁書も提出せず、裁判の日にも出頭しないと、訴状の内容が嘘だらけのでたらめであっても、訴状に書かれた請求どおりの判決が出てしまいます。そして、その判決が確定すると、その判決を変えるのは難しくなります。

裁判手続きは専門的な知識が必要になるので、訴状が届いたら、弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

【調停の呼出状】

裁判所から届いた書類が調停の呼出状だった場合、支払督促や訴状のように、絶対に対応しなければ危険ということはないですが、なるべく裁判所の指示通りに対応した方がいいでしょう。

調停は、調停委員が当事者双方から交互に言い分を聞いて、歩み寄りを促し、合意に導いていく手続きです。
調停への参加は強制ではありませんが、調停で合意できないと訴訟になることが多いので、まずは調停で相手の言い分を聞いて、合意の可能性があるか検討されることをお勧めします。

その他コラム

19/10/11
2019年10月12日(土)臨時休業のおしらせ
18/11/16
養子縁組 ~特別養子縁組について~
18/11/01
養子縁組 ~普通養子縁組について~
18/10/15
ペットが人に怪我をさせたとき
18/09/04
親族、血族、姻族、そして親等の数え方

一覧へ

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分