遺言・相続

相続に関するタイムリミット(期限)

相続に関するタイムリミット(期限)

相続が開始してから、色々な場面で、タイムリミット=期限が出てきます。
期限を過ぎると、まれに権利がなくなってしまうことがありますので、ご注意ください。

まず、相続の放棄または限定承認についてです。
これは、相続する財産に借金などがたくさんある場合に、注意する必要があります。
自分の親や配偶者(夫または妻)、子どもなど、自分が相続人となる方が亡くなったことを知ったら、財産の全部を相続するか、限定承認するか、放棄するか決めて、知ったときから3ヶ月以内に限定承認または放棄することを家庭裁判所に申し出なくてはいけません。
全部を相続する場合は、申し出る必要はありません。
なお、この期間は、家庭裁判所に申請すると、延長することができます。

そして、遺留分減殺請求権についてです。遺留分については、「遺留分って何?」をご覧下さい。
遺留分を持つ方が、相続の開始と、自分の遺留分が侵害されてしまう内容の贈与または遺贈があったことを知ったときには、知ってから1年以内に減殺を請求する必要があります。
知ってから1年、また相続開始から10年経つと、時効によって権利が消滅してしまいます。
また、遺産分割をする期限はありません。

最後に、相続税の申告についてです。
相続税の申告が必要な方は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に申告書を税務署に提出する必要があります。
相続、遺産分割についてわからないことや心配なことがありましたら、弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

相続が発生した場合

身近な方が亡くなったときにやるべきことは?

ページ詳細

生前対策をお考えの方

遺言書を書くメリットは?

ページ詳細

相続の基礎知識

相続・遺言コラム

一覧へ

ご相談の流れ

一般的なご相談の流れをご紹介いたします。

ページ詳細

弁護士費用

各手続きの費用などをご説明いたします。

ページ詳細

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分

相続問題

SSL グローバルサインのサイトシール