離婚問題

相手が生活費を払ってくれない場合

民法で「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。」と定められています。少し堅苦しくて分かりにくいですが、夫婦は、お互いの生活レベルが同じくらいになるように、結婚生活を維持するために必要な一切の費用(婚姻費用)を負担しあうということです。

別居中だとしても、夫婦であるうちは、婚姻費用分担義務があります。離婚裁判中でも同様です。相手が生活費を稼いでいるのに、それを渡してくれず、生活できない場合、相手の住所地を管轄する家庭裁判所に婚姻費用分担調停を申し立てられます。基本的に、調停では申立日以降の婚姻費用について決めるので、相手方が生活費を渡してくれなくなったら、とりあえず申し立てた方がいいでしょう。調停で決まらないときは、裁判官が判断(審判)します。

もちろん、渡してもらう婚姻費用は、多ければ多いほど有難いものです。しかし、調停や審判では、相手とご自身の収入から婚姻費用算定表に基づいて決められることが多いです。特別な事情がある場合などは、きちんと説明しましょう。また、一度決まった婚姻費用でも、事情が変わったときは、再度婚姻費用分担調停を申し立てることができます。

※婚姻費用については、「離婚までの生活費の決め方」もご覧ください。

離婚問題コラム

18/09/26
裁判離婚するためには
18/08/20
離婚前提の別居に関するよくある質問
17/03/23
子どもと会いたい ~面会交流について 後編~
17/03/16
子どもと会いたい ~面会交流について 前編~
16/09/14
離婚時の年金分割について

一覧へ

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分

相続問題

SSL グローバルサインのサイトシール