離婚問題

子どもとの面会交流

子どもとの面会交流

結婚中でも、離婚後でも、子どもと別居していて会えない親が、子どもに会いたいと思うのは当然のことです。現在、法律で面会交流について明確に決められていませんが、別居していても結婚中ならば子どもの共同親権者ですし、離婚後でも、子どもにとって親であるという事実は変わらないので、特別の事情がない限り、面会交流は認められます

ここで、心に留めてもらいたいのは、面会交流は、面会交流が子どもの幸福のために行われる、ということです。子どもは本来、両親の愛情を受け、両親に見守られながら、育っていきます。父親と母親がやむなく別居または離婚したとしても、なるべく引き続き両親からの愛情を感じられるように、両親との交流が続くように、面会交流が行われます。

ただ、両親の関係が悪いと、実際に子どもを育てている親(監護親)が他方の親(非監護親)に子どもを会わせたがらないこともあります。こういった場合、非監護親は、家庭裁判所に「面会交流調停」を申し立てることができます。

調停で話し合いがまとまらない時は、審判になり、裁判官が判断します。もし、監護親が調停、審判で取り決めた約束を守らない時は、家庭裁判所に「履行勧告」を申し出ることができます。

尚、監護親が正当な理由なく、非監護親に子どもを会わせずにいると、子どもの幸福を考えていないとみなされ、子どもの親権者または監護者としての適格性が疑われる可能性もあります。

面会交流については、こちらのコラム「子どもと会いたい ~面会交流について 前編~」「子どもと会いたい ~面会交流について 後編~」もご覧ください。

離婚の基礎知識

離婚問題コラム

18/09/26
裁判離婚するためには
18/08/20
離婚前提の別居に関するよくある質問
17/03/23
子どもと会いたい ~面会交流について 後編~
17/03/16
子どもと会いたい ~面会交流について 前編~
16/09/14
離婚時の年金分割について

一覧へ

ご相談の流れ

一般的なご相談の流れをご紹介いたします。

ページ詳細

手続き費用

各手続きの費用などをご説明いたします。

ページ詳細

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分

相続問題

SSL グローバルサインのサイトシール