離婚問題

DV(家庭内暴力)とは?

DV(家庭内暴力)とは?

DVとは、英語の「domestic violence」(ドメスティック・バイオレンス)の略語です。日本語では、家庭内暴力と訳されることが多いです。DV自体について明確な定義はありませんが、家庭内での家族に対する暴力を指すことが一般的だと思います。

一方、配偶者(夫又は妻)からの暴力について、被害者を守るための法律があります。ずばり、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」です。この法律でいう「配偶者からの暴力」とは、「配偶者からの身体に対する暴力(身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすものをいう。以下同じ。)又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動(以下この項において「身体に対する暴力等」と総称する。)をいい、配偶者からの身体に対する暴力等を受けた後に、その者が離婚をし、又はその婚姻が取り消された場合にあっては、当該配偶者であった者から引き続き受ける身体に対する暴力等を含むもの」とされています。法律の条文のままなので、とてもわかりにくいですが、簡単にいうと、「身体への暴力」、「精神的ダメージを受ける言動」です。(ただし、保護命令の申し立ては、身体への暴力か、生命を脅かす脅迫のみ対象です。)結婚中の相手からの暴力はもちろんのこと、離婚した元夫又は元妻や事実婚の相手、事実婚の元相手からの暴力も対象になります。

では、この法律では、どうやって配偶者からの暴力の防止、被害者の保護をすることになっているのでしょうか。

まず法律では、都道府県・市町村が、被害者の相談、一時保護、自立支援などをするための「配偶者暴力相談支援センター」を設け、配偶者からの暴力の防止、被害者の保護に努めるよう書いてあります。

そして、身体的暴力又は生命に対する脅迫を受けた被害者は、相手(加害者)が近寄ってこないように、裁判所に保護命令を申し立てることができます。裁判所が相手(加害者)に対して出す保護命令にはいくつか種類があり、被害者の近辺に近づかないようにするもの、一定期間一緒に住んでいる住居から出て行くようにするもの、被害者の子や親族の近辺に近づかないようにするもの、被害者に電話や電子メールをしないようにするものなどです。

配偶者、同棲相手、恋人等から身体的、精神的な暴力を受けて困っている方は、まず警察や「配偶者暴力相談支援センター」、弁護士などにご相談下さい。

DVについては、こちらのコラム「DVによる離婚」もご覧ください。

離婚の基礎知識

離婚問題コラム

18/09/26
裁判離婚するためには
18/08/20
離婚前提の別居に関するよくある質問
17/03/23
子どもと会いたい ~面会交流について 後編~
17/03/16
子どもと会いたい ~面会交流について 前編~
16/09/14
離婚時の年金分割について

一覧へ

ご相談の流れ

一般的なご相談の流れをご紹介いたします。

ページ詳細

手続き費用

各手続きの費用などをご説明いたします。

ページ詳細

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分

相続問題

SSL グローバルサインのサイトシール