離婚問題

不貞の慰謝料とは?

不貞の慰謝料とは?

まず、「不貞行為」とは、配偶者(夫又は妻)としての貞操義務に違反することをいいます。

「貞操義務」とは少し堅苦しい言葉ですが、平たく言えば、結婚したら結婚相手以外の人と性的な関係を持たない、ということです。貞操義務は、法律で直接的に書かれているわけではありませんが、「一夫一婦制」である日本では、当然の義務であるとされています。

逆に言えば、結婚すれば、結婚相手を性的に独占する権利がある、ということになります。「不貞行為」は、その夫としての、又は妻としての権利を侵害することになるので、「不法行為」といえます。

「不法行為」とは、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害する行為で、故意又は過失によって不法行為をした者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う、と民法で定められています。ここで、「不貞」→「慰謝料」という図式が出てくるのです。

では、配偶者(夫又は妻)の不貞相手に対しても、慰謝料は請求できるのでしょうか?答えは、「できます」。不貞相手も、配偶者としての権利を侵害していることになりますから、不法行為に対する損害賠償請求(慰謝料請求)が可能です。

ところで、裁判所に「不貞行為」と認められるには、異性との性的関係があることが必要です。また、慰謝料を請求するには「不貞行為」のタイミングも大事で、別居後など既に夫婦の関係が冷え切っている(破綻し、修復不可能な状態)ときに不貞があっても、慰謝料請求は認められにくいです。さらに、相手の「不貞行為」について裁判官に認めてもらう努力は、訴えた方がしなければならないので、証拠の有無も大事になってきます。このような、裁判官に認められるか?どうやったら認めてもらえるか?という判断は、専門的な知識が必要となりますので、弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

不貞の慰謝料については、こちらのコラム「不貞の慰謝料の相場・算定要素」もご覧ください。

離婚の基礎知識

離婚問題コラム

18/09/26
裁判離婚するためには
18/08/20
離婚前提の別居に関するよくある質問
17/03/23
子どもと会いたい ~面会交流について 後編~
17/03/16
子どもと会いたい ~面会交流について 前編~
16/09/14
離婚時の年金分割について

一覧へ

ご相談の流れ

一般的なご相談の流れをご紹介いたします。

ページ詳細

手続き費用

各手続きの費用などをご説明いたします。

ページ詳細

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分

相続問題

SSL グローバルサインのサイトシール