私たちは船橋・津田沼の弁護士です

相続手続きのために死亡から出生まで戸籍をさかのぼる方法

はじめに

前回のコラムでは、戸籍のことや、戸籍を請求する方法をみていきました。
今回は、相続手続きのために、亡くなった方の現在の戸籍から出生当時の戸籍までさかのぼる方法と、相続人の方の現在戸籍から亡くなった方の戸籍までたどる方法をみていきたいと思います。

続きを読む 相続手続きのために死亡から出生まで戸籍をさかのぼる方法

相続手続きで必要な戸籍を集める方法

はじめに

身近な方が亡くなって、相続が発生した場合、まず相続人が誰になるのかを確かめる必要があります。
そのためには、亡くなった方が生まれてから亡くなるまでの戸籍を集める必要があります。(相続人の確認のほかに、銀行での相続手続きや不動産の相続登記手続きなどでも戸籍が必要です。)

今回のコラムでは、戸籍のことや戸籍を集める方法についてみていきたいと思います。連続した戸籍を集める方法は、次回コラムでみていきます。
(誰が法定相続人になるのかについては、相続人とその法定相続分についてをご覧ください。)

続きを読む 相続手続きで必要な戸籍を集める方法

遺言書の探し方と見つけたとき

はじめに

身近な方が亡くなってからやらなければいけないことの一つが、遺言書があるかどうかの確認です。
原則として、遺言書がある場合には、遺言書に従って相続されます。

そのため、遺言書がなかったときに適用される法定相続とは異なり、亡くなった方の意思で「遺贈」「相続分」「遺産分割の方法」「遺言執行者」などを決めることができます。
そして、遺言は、遺留分の決まりに反しない限り、遺言者が亡くなったときから効力を持つようになります。
(遺言書の種類については「遺言書の作り方」、遺言書でできることについては「生前対策をお考えの方」、遺留分については「遺留分って何?」をご覧ください。)

ただし、遺言書があったとしても、相続人全員が遺産分割協議を行い、合意した内容ならば、亡くなった方の意思とは異なる分割の方法をとることも可能です。

では、遺言書を探すには、どのようにしたらよいのでしょうか。
また、遺言書を見つけたときは、どのようにしたらよいのでしょうか。

続きを読む 遺言書の探し方と見つけたとき

年末年始の休業のお知らせ

誠に勝手ながら、当事務所は、平成30年12月29日(土)から平成31年1月6日(日)までを年末年始の休業とさせていただきます。
新年は1月7日(月)より営業を開始いたします。
何かとご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分

SSL グローバルサインのサイトシール