私たちは船橋・津田沼の弁護士です

子どもの「親権者」と「監護者」は、何が違う?

親権は、「身上監護権」と「財産管理権」のことをいいます。「親権者」は親権を行う親、「監護者」は親権のうち「身上監護権」だけ行う親、といえます。

結婚中は、夫婦が共同で子どもの親権を行使しますが、離婚後は、一方の単独親権となります。離婚する前に、どちらが親権者となるか、決めなくてはいけません。離婚届に記載欄がありますし、親権者は子どもの戸籍に記載されることになります。なお、親子の関係は親が離婚しても続きますので、子どもの扶養義務は、親権の有無に関わらず、また同居・別居に関わらず、両親にあります。
続きを読む 子どもの「親権者」と「監護者」は、何が違う?

離婚後に相手が養育費を払ってくれない場合

養育費とは、子どもが自立するまで育てるのに必要な費用であり、養育費の支払は、親が子どもに対して、自分と同程度の生活をさせる義務に基づいています。親子の関係は親が離婚しても続きますので、親権の有無に関わらず、また同居・別居に関わらず、親は子を実際に育てている親に対して養育費を支払うことになります。

では、相手が養育費を払ってくれない場合、どうしたらいいでしょうか。
続きを読む 離婚後に相手が養育費を払ってくれない場合

相手が生活費を払ってくれない場合

民法で「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。」と定められています。少し堅苦しくて分かりにくいですが、夫婦は、お互いの生活レベルが同じくらいになるように、結婚生活を維持するために必要な一切の費用(婚姻費用)を負担しあうということです。
続きを読む 相手が生活費を払ってくれない場合

「調停」と「裁判」は、何が違う?

『「離婚調停」ってどんなもの?』にもありますが、法律では、離婚の申立については「調停前置主義」といって、訴訟(裁判)を起こす前に、原則としてまず調停を申し立てることになっています。そのため、裁判所で離婚について決着をつけるためには、まず「離婚調停」を申し立てる必要があります。「離婚調停」で合意できず、調停不成立で終了したときは、離婚訴訟(裁判離婚)を起こすことになります。
続きを読む 「調停」と「裁判」は、何が違う?

離婚後の子どもの戸籍、氏(苗字)について

両親が離婚しても、原則として子どもの戸籍は離婚前の夫婦の戸籍に留まります。氏(苗字)も離婚前のままです。これは、離婚後の親権者と関係なく、です。

結婚する際に夫または妻の氏に変えた方(Aさんとします。)は、離婚すると、結婚前の戸籍に戻るか新しい戸籍を作ることになります。Aさんが子どもの親権者で、子どもを自分と同じ氏(苗字)にして、自分の戸籍に入れたい場合は、子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に子の氏の変更許可の審判申立をします。そして、家庭裁判所の許可審判書と子どもの入籍届を市区町村役場に提出します。
続きを読む 離婚後の子どもの戸籍、氏(苗字)について

お問い合わせ

047-472-4530

フォームからの相談のご予約はこちら

当事務所へのアクセス

大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F
JR津田沼駅北口 徒歩2分

相続問題

SSL グローバルサインのサイトシール